FC2ブログ

拝啓、すばる様

関ジャニ∞と、関ジャニ∞のセンターマン☆渋谷すばるに心を奪われたはるなの日記☆ 最近は全体的にジャニーズの現場に行きたがります

全記事一覧 << 2018/11 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2019/01 >>

プロフィール

はるな

Author:はるな
関ジャニ∞、中でも渋谷すばるから目が離せません。
(※変態目線)
ファン歴は大人になってから。もう年数を数えるのはやめました。

最近はクソDD呼ばわりされるくらいあちこちに興味が。
特にHiHiJetの井上瑞稀くん、Mr.King VS Mr.Prince岩橋・岸が好き。
ツイッターやってます☆ xxx8haruna8xxxです。
ブログよりも辛口ですので大丈夫な方のみよろしくおねがいします。

コメント・拍手・ブロともお気軽に!
※非公開コメントにもお返事します。返事不要の場合はコメントにお書きください
※非公開コメントの場合イニシャルでの返事になります
※ブログ拍手には基本お返事いたしません
※ブロともはよくわからないのでまだ使ってません

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

バクマン。

2015/11/01(日) 23:14:32

バクマン。観てきました。
原作はちょろっとだけ読んでたけど、おもしろかったし
神木君って、ご本人のお顔もお声も演技もだいすきですけど
なにより、出演作品がいっつもおもしろいんですよね。
勝手に、出演作品あのひともしくはあのひとのマネージャーさんとかが選んでるのかな?とか思います。
(※想像です)
だってほんと、出る作品出る作品おもしろいんだもん!!!
ということで、観てきました。
やっぱりおもしろかった♡

最初キャスト聞いたとき、逆じゃないの?とおもったし
どうやらご本人もそう思って監督に聞いたらしいのですが、
監督曰く本質は逆だと。笑
今回、映画を見て、どちらも演技が美味いからかもしれないけれど、確かに違和感なくおさまっていたのはさすがでした。
そういや佐藤健君、電王だもんね。
ああいう役も得意だよね。(仮面ライダー電王は、まじでおどおど弱弱しい主人公だった)
話の流れとしては、バクマン。の原作の途中まででした。
最初の、ジャンプ編集部といって、集英社がどんどんジャンプ漫画にかわっていくところ。
そして、ジャンプの歴史とともに、その歴史を彩った漫画作品の実際のページがダダダダダとたたみかけるようにでてくるところ。
あそこは鳥肌立ちました。
ドラゴンボール!スラムダンク!!!って。
ジャンプは本当に、私たちの青春とともにある。

そして、漫画を描くシーンの演出もおもしろかったです。
たくさんの漫画が背景に散らばっていく感じといいますか。
登場してくる漫画たちですが、原作の漫画では確かにすべて作画の小畑健さんがされてましたけど
今回映画化に至り、膨大な量の原稿が必要になったみたいなのに
キレーーーに小畑健さんが書いてましたね。
ほんと、あの人の絵はすごい。週刊とはおもえないクオリティです。
ラッコ11号読んでみたいなー・・・笑

役者さんたちの演技はもういうまでもがな。
佐藤健君に、神木くん
そして編集者に山田孝之さん
一緒に競い合う漫画仲間も、染谷くんはじめ、桐谷くん、新井くんと、有名な若手の演技巧者ばかり。
漫画的で変わった登場人物を違和感なく実写映像となじませていましたね。
リリー・フランキーさんもいいですよねー。
力の抜け具合とか。
一番、いいなとおもったのは編集会議です。
リリーフランキーさんももちろん、その他の副編集長たちのあの会議でのざわめき、立ち居振る舞いが
あれが全部台本だとはおもえないんで
あの自然な感じがリアルに感じられました。

漫画の映画です。
紙とペンの映画です。
なのにすごくひろがりがあって、深くって、なによりも青春漫画!!!なんですよね。
スポーツもしない、バトルもしないんだけど、それでもやっぱり
ジャンプの三大精神、友情・努力・勝利が満ち満ちている。
よかったなあー。

そして、最後、エンドロール。
ここほどジャンプ愛がかんじられたとこなかったですよー!!!!
エンドロールってまあ、俳優さんの顔(役としての)がでて、名前が出て、あとは
脚本なり音声さんなりの名前が出るだけじゃないですか。
すごいんです。
まず、サイコーの絵(漫画の)ができあがっていって、そこに集中線みたいなのがはいって「佐藤健」と。
で、シュージンの絵ができあがっていって、「神木隆之介」。
これいいよねー!
ちゃんと、新井くん、桐谷くん、染谷くん、皆川さんは、
それぞれのキャラクターが劇中でかいている漫画の絵ができていって、そこに名前が入るんです。
タッチのちがいもなんとなくわかるくらいの!
それだけでもすごいのに
音声さんとか、衣装さんですよね。
なんと、歴代のジャンプ漫画の題名が若干もじられてます。笑
そして、作者名のところに担当者さんの名前が。
しかも、もじられたまましっかりコミックスになっているというリキの入れよう。
すばらしいですよ!
「銀魂」かとおもいきや「録音」笑 
「衣装の拳」(もちろん北斗の拳)
「るろうに装飾」(もちろんるろうに剣心)
「キャスティング翼」(もちろんキャプテン翼)
「ヒカルの照明」(もちろんヒカルの碁)
・・・・・・うますぎか!!!!特にキャスティング翼な!!!笑
もーー!ジャンプ愛めっちゃかんじました♡
エンドロールだけのためにもう一度観に行ってもいいくらいです。

あーたのしかったー。
スポンサーサイト
日記TB:0CM:0
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://eightersubaruharuna.blog.fc2.com/tb.php/1085-57044380

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

Copyright(C) 2006 拝啓、すばる様 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。