拝啓、すばる様

関ジャニ∞と、関ジャニ∞のセンターマン☆渋谷すばるに心を奪われたはるなの日記☆ 最近は全体的にジャニーズの現場に行きたがります

全記事一覧 << 2018/05 123456789101112131415161718192021222324252627282930 2018/07 >>

プロフィール

はるな

Author:はるな
関ジャニ∞、中でも渋谷すばるから目が離せません。
(※変態目線)
ファン歴は大人になってから。もう年数を数えるのはやめました。

最近はクソDD呼ばわりされるくらいあちこちに興味が。
特にHiHiJetの井上瑞稀くん、Mr.King VS Mr.Prince岩橋・岸が好き。
ツイッターやってます☆ xxx8haruna8xxxです。
ブログよりも辛口ですので大丈夫な方のみよろしくおねがいします。

コメント・拍手・ブロともお気軽に!
※非公開コメントにもお返事します。返事不要の場合はコメントにお書きください
※非公開コメントの場合イニシャルでの返事になります
※ブログ拍手には基本お返事いたしません
※ブロともはよくわからないのでまだ使ってません

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

KAT-TUNという世界観

2016/05/04(水) 00:23:04

自宅で目覚めると、本郷奏多のウインク姿と、頬杖ついたNEWSさんたちが見つめてきてすごく気まずいです。
そんな5月。
KAT-TUN 充電期間前 ラストライブ 10ks! 行ってきました。
私が行ったのは4/30の東京ドームです。
京セラ行きたかったんだけど謎に平日だったのであきらめていました。
そしたら、神様(友人)がプレイガイドでとってくれたよー!
最後の最後のゲットだったので、まあ天井だろうと思っていて、KAT-TUNはすばらしいから天井でも問題ないとおもってたら
1階席だったよーーーありがたや;;
でも、本当にKAT-TUNはどのグループよりもドームが似合うしドームでの演出が素晴らしいと思っています。
なので、充電前の最後のツアーが、三大ドームで、ほんとうによかった。

まずね、上田くん。
私は彼をすごーく誤解していた部分があって
昔女優みたいだったじゃないですか(言い方)
それでいますごい男らしくてかっこいい感じじゃないですか。
昔のかわいい方がすきだなーとか、ちょっと怖そうだなーとかそういう風に思っていたのですが
少年倶楽部プレミアムをみていると、ほんとあったかいし純真だしかわいらしいひとなんだなって。
「小山が好きなんだよ!テレビでいいやつだった!」とあけすけにいっちゃう素直さや
Hay!Say!JUMPの高木君をよーくみていて
「なんかあんま話に入れてないのにずーっとにこにこしてて、いいやつだなって」
という、視点の優しさとか
そして、ジャニーズWebに 「小山は来てくれるのかな♡」とかいちゃうかわいらしさ。
すごいいいやつでしょ。
かわいいひとだなって。
そんなイメージでいったら
バイクぶっぱなしてました 震。
いやーもうギャップだらけでどこからどう突っ込んでいいのかわからない!
かわいいのにかっこいいし、素直で優しいのになんか怖いし!笑
バイク超にあってたし結構なスピードなのがもうかっこよすぎました。
もう立ち姿、振る舞いすべてが男らしくてかっこよくって。
KAT-TUNが本来持っていた「黒・やんちゃ・悪い」のイメージをけん引していくのはこの子だとおもったし
その上で中身がとってもかわいらしくてやさしくてあたたかい子だから
そのギャップにどんどん堕ちるファンがいるんだろうなと、思いました。

そして中丸。
浪人生のようなそのいでたちと、目も表情筋も死んでしまってて繰り出される言葉はひたすらシュール。
というイメージでしたが
長い手足でほんとよくおどる!動く!
ジャンプもひたすらに高い!きれい!
中丸君ほど、コンサートとテレビのギャップがあるひともいないんじゃないかなあ。
とはいえ、ボイパコーナーでは、シュールさ健在。笑
もともと、kiss kiss kissの特典映像だとか、そのへんの編集企画が中丸なことから察するに
ファンの求めているものをいち早く察して、それを上手に形にできるひとなんだろうなあと
客観視が得意というか・・・
自分の得意技であるボイパを、「ぶつぶつかっ」って、平仮名になおし、さらには映像で「ぶつ→仏像」「か→蚊」をみせるという荒技。
かっこよくみせようなんて微塵も思ってない笑
だけどすごく客の楽しませ方を心得ているなと。
なんであのときだけあんな表情豊かなんだろう・・・笑
亀ちゃんとか、上田君とかが一生懸命あおってる合いの手にはさまれるじわる発言もツボでした。
私、中丸、すき(カタコト)

亀梨くん
エンターテイナーです。
ナルシストなのかなと思う人も多いと思うのですが
彼は「こう見せたい」という自分の姿を見せるだけのプロです。
中丸さんとはまたちがったベクトルでファンのニーズを察しています。
まあ、そもそも彼への二ーズが中丸さんとは違う(なんせジャニーズのセックスシンボル)
もうダンスも歌も、「亀梨です!」というかんじ。
それがうざったくかんじず、みてられねーよーと赤面しないのは彼がやりきってるからなんだとおもいます。
手越とおなじ、プロに徹している。
手越とちがうのは彼に漂う本気の女好き感が、亀梨にはないことかな。笑
もう画面に亀梨さん抜かれるたびにすごいもう
「くる、くるくる、すごいのくるう♡」
と期待しちゃってました私。てへ。
いいじゃないですか、だってジャニーズなんだもの!!!
あとちょこちょこみせるボケっぷりから、このひといいひとだってすごい思いました。笑
カッコつけたいわけじゃないんだよね、ボケもカッコつけも全力でやるだけなんだよ!

そして3人の個々の際立ち方。
いいなあとおもいました。
亀梨のジャニーズとしての振る舞い、言動
中丸の客観視と、普通の人感(ほめてます)
上田の男らしさ、不良っぽさ
いいですよねー。際立ってる。
一番際立ってるなあと感じたのは、なんでかマイクに着物がむすびつけられていたときのパフォーマンスです。
それぞれのスタンドマイクに女物の着物がむすばれてたのですが
なんでか亀梨さんのだけ蝶結びで気になっててみてたんですね。
そしたら、亀梨さん、マイクスタンド、押し倒してそのままチューする勢いです(よくかんがえたらどこに)
もうね、客席キャーーーーーですよ、鼻血でてるんじゃないかな世の女は全員、くらいの。
なんか色っぽいんです。そのしぐさといい表情と言い
もはやこれは優しく女を抱いている状態です。妄想がもう止まらない。
なるほど、これはスタンドマイクを女に見立ててそれぞれの女の扱いを見せてくれているのね!
と興奮した私ですが
一緒に言ってたフカヒレ氏にトントンされて、ふとみたら
上田さん、マイクスタンド、ブンまわしてました。
こえーよー
途中マイクスタンドを肩に担ぐとこまではみてたんだよー
大剣みたいにマイクスタンドあつかってるなーとおもってたら
まさか振り回すとは・・・笑
上田さんは・・・女を物理的に振り回すタイプなようです。
それで気になって、はたして中丸さんは?!とおもってみたら
触れるか触れないかくらいのソフトタッチでマイクもってた。笑
個性だなあ・・・超わらいました。笑

最後のあいさつも個性的だな、とおもいましたね。
3人それぞれとてもよいことをいっていたのですが
上田くんは、前を向いて進んでいきたいと
いろいろあって、3人になったけれど、そして充電期間があるけど、大きくなって帰ってくるからと
一緒にがんばろうと、前向きに、励ます感じ。
中丸さんは、充電期間によってこういったライブができなくなると
「僕ね、ファンと僕たちの絆ってうすまるとおもうんですよ」
とすごいさらっと、でもはっきりと言っていて、ぼやかさない姿勢がカッコよかった
でもそれを重く感じさせない言い方は彼ならではだな、と思いました。
うすまってしまうとおもうけど、がんばってみていて、みまもっていて、とどちらかというと、お願い、という感じでした。

亀梨君はね、感謝なんです
ファンに、見守っていてくれてありがとう
まわりの大人たちに、大切に育ててくれてありがとう
そしてね
今いるメンバーだけでなく
抜けて行ったメンバー(全員の名前ちゃんといってました)にも、ありがとう


・・・

KAT-TUNはね、絶対、帰ってきてくれると信じてます。
このライブ、ジュニアもダンサーもいない、本当にシンプルにKAT-TUNとファンのライブだったけど
特効も舞台演出もほんとうにいつものKAT-TUNのすばらしさをキープしていたし
そのうえ、3時間と少し、KAT-TUN、でずっぱり、踊りっぱなし、歌いっぱなしの
本当にしんどいだろうに、密度の濃い時間を提供してくれました。
彼らなりの、10周年の集大成だったんだと思うし、あのすばらしさは、これで充電に入るグループとは思えないくらいの
熱量でした。
だからね
絶対、帰ってきてくれると思っています。
そのつもりで彼らはパフォーマンスをしたんだと。

だからね、私は、待ってます。
もちろん、関ジャニファンだし、クソDDなので、KAT-TUNだけではないですけど
復帰してまたドームでライブをやってくれることを、本当に楽しみにしています。

すばらしい時間でした。
スポンサーサイト
ジャニその他TB:0CM:0
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://eightersubaruharuna.blog.fc2.com/tb.php/1133-c8165a92

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

Copyright(C) 2006 拝啓、すばる様 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。